Yahooカードを新規契約!楽天カードとどっちがお得?

ブログランキング・にほんブログ村へ  このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ  このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、こんな方におすすめです☆
 ・クレカを作りたいのに候補があり過ぎて決められない方
 ・楽天カードから別のクレカへ切り替え検討中の方
 ・Yahoo! JAPANカードの発行を検討中の方

この記事は、たまママが書いています☆
 ・楽天プレミアムカードユーザー

2021年に入ってから、少しずつ楽天経済圏の制度改悪が進んでいますね。

私は現在楽天プレミアムカードをメインクレカとして利用していますが、
今後のさらなる改悪に備え、楽天カードに代わる新たなメインクレカを作ることにしました。

この記事では、私が各種クレジットカードを比較検討し、最終的にYahoo! JAPANカードを契約するにいたった経緯をご紹介いたします☆

スポンサーリンク

メインクレカの必須条件

私が今回メインクレカを比較検討した際の必須条件は、

  • 年会費が永年無料
  • ポイント還元率が常時1%以上
  • 家族カード年会費が無料

の3つです。

年会費が永年無料

固定費を少しでも節約するため、今回は年会費無料のクレジットカードに絞って検討しました。

ちなみに私は楽天プレミアムカードに11,000円の年会費を払っていますが、
楽天市場を多く利用しているため、結果的にノーマルカードよりもお得に使えています。もし今後お得度が下がったら、すぐにノーマルカードに切り替えます。

ポイント還元率が常時1%以上

クレカの利用料に対して還元されるポイントは、多ければ多いほど嬉しいですよね。

でも、場面ごとに還元率が高いカードを使い分ける生活は、

ズボラな私には不可能です…

ということで、ポイント還元率が常時1%以上のわかりやすいカードを探しました。

家族カード年会費無料

我が家は夫がフリーランスでクレカが作りづらいため、
私の楽天カードで夫の家族カードを作っています。

しかし残念ながら、楽天プレミアムカードの家族カードは年会費がかかるんです。。。

楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードの家族カードは
1枚につき550円(税込み)の年会費がかかります。

楽天カード公式サイトより引用

楽天ノーマルカードなら家族カードは無料なのに…
世知辛い。

このため家族カードもメインクレカへ切り替えて、年会費をゼロにしたいと考えました。

必須条件をクリアしたクレジットカード5選

これら3つの必須条件をクリアし、かつ使用者レビューが良好だったクレジットカードは以下の5つです。

  • 楽天ノーマルカード
  • dカード
  • リクルートカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • au PAYカード

スポンサーリンク

メインクレカの絞り込み条件

続いて私がチェックしたのは、以下の3つの項目です。

  • VISAかMasterブランドが選択可能
  • Google Pay, Apple Payが利用可能
  • ポイントが使用しやすい

VISAかMasterブランドが選択可能

私は楽天プレミアムカードのブランドにAMEX(American Express)を選んだのですが、これを非常~に後悔しています

というのも、街中でカードを使う際に、AMEX非対応のお店が意外と多いのです。

しかも、カードブランドの途中変更はできない…。
これから楽天カードを作る方は、カードブランドは慎重に選んでね。

このため今回新しく作るメインカードは、
利用可能な地域やサービスの範囲が広いVISAMastercardで作りたいと考えました。

Google Pay, Apple Payが利用可能

さらに実は、AMEXブランドの楽天カードには、
Google PayとApple Payに非対応という致命的な欠点があります。

何度も言います!

これから楽天カードを作る方は、カードブランドは慎重に選んでね!!

私はAndroidとiPhoneの2台持ちであるため、
Google PayとApple Payの両方に対応しているクレカが望ましいです。

ポイントが使用しやすい

折角ポイントが貯まっても、そのポイントが使いにくかったら意味がありません。
このため還元されるポイントの種類は重要です。

私の体感では、最も使いやすいのは楽天ポイントTポイント
次いでPontaポイントdポイントnanacoポイントWAONポイントなどが使いやすいように思います。

メインクレカの絞り込み結果

今回の検討候補の5つのカードは全て、VISAもMastercardも選べることがわかりました。

dカードとau PAYカードはGoogle Payに非対応であり、docomoやauのキャリアも使っていないため美味しさが少なく、候補から除外しました。

リクルートカードは還元率1.2%が魅力的でしたが、リクルートポイントの使い道が限られ汎用性が低そうなので、候補から除外しました。

私は既に楽天プレミアムカードを持っており、今回メインクレカを検討し始めた動機が「楽天のさらなる改悪に備える」ことであるため、楽天カードも候補から除外しました。

こうして私の次期メインクレカは、消去法でYahoo! JAPANカードに決定しました☆

Yahoo!経済圏は楽天に次ぐ大型経済圏として注目を集めており、ヤフオクPayPayフリマのヘビーユーザーである私には、うまく使いこなせればかなり美味しいカードになるように思います。

スポンサーリンク

Yahoo! JAPANカードのお得なキャンペーン

Yahoo! JAPANカードを新規発行する場合、2021年4月1日現在、公式キャンペーンで7,000円相当、ポイントサイト経由で5,000円相当のキャッシュバックを受けることができます。

無料カードを作るだけで12,000円もらえるなんて、

嘘みたいに美味しい話!

公式キャンペーン

現在Yahoo! JAPANカードでは、新規入会2,000円3回利用で5,000円のPayPayボーナス還元キャンペーンを実施しています。

ポイントサイト経由でさらにお得に

ポイントサイトを経由して契約すれば、公式キャンペーンに上乗せして二重にキャッシュバックが受けられます。

例えば私が使っているポイントタウンでは、
2021年4月30日までのYahoo! JAPANカード発行で
5,000円相当のキャッシュバックを受けられます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

私がYahoo! JAPANカード契約にいたるまでの経緯、いかがでしたでしょうか?
少しでも皆様の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました☆

ご意見、ご質問、リクエストなど、こちらからお気軽にお問合せください。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

タイトルとURLをコピーしました